地方でリモートワーク

プログラミング、先物、fx,仮想通貨なんでもやります

東京生活

2ヶ月の東京研修が終わった。これからが本番。

2ヶ月の東京研修が終わった。これからが本番です。振り返りがてら、ブログに思ったこと感じたことをまとめたいと思います。

プログラミングは写経では上達しないと思っていた私が考え直したブログポスト

プログラミングは写経では上達しないと思うし、プログラミングは写経で上達するという記事を読んでも全く信じていませんでした。

東京研修が1ヶ月が終わった。そして残り1ヶ月

東京研修もあっという間で1ヶ月が経過しました。ちょうど半分が過ぎたので、感じたことを振り返りたいと思います。

読みやすいコードを書くために名著「リーダブルコード」を読んだ

今週末に積読していた「リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)」を読みました。かなり勉強になりました。

問題を小さく切り分ければ不可能なことはない。一ヶ月前の自分には想像もつかなかった機能が実装できた話

金曜日の午後、自社サービスで機能追加の依頼を受けました。「ZIPファイルでデータベースからデータとってくる機能追加してくださーい。フォルダで階層構造にして、その中にファイルで入れてくださいね」と言われました。 そんなんできるのか!?できたとし…

ギブアンドテイクなプログラミングの世界が大好きだ!つたない英語でも外人が教えてくれた件

Githubにあるvagrant fileのいじり方がわからなくて、途方に暮れていました。思い切って作者の外国人にgithub上で質問してみました。

ITの力でテニス界を変えたい

受託開発だけなんてもったいない IT業界ではエンジニアが足りないと言われています。それはどの業界でもIT化が進んでいて、作れる人=エンジニアが足りないからです。そこで、IT受託開発会社にシステム作成を依頼することになります。

チーム開発でプログラミング言語よりも大切なこと

今日で東京研修が2週間経過しました。ここまでの感想、感じたこと、思うことをまとめたいと思います。

それでも僕は地方に残る

プログラミングの仕事は東京一極集中だ。これだけ一箇所に集中している仕事もめずらしい。

一流のエンジニアになるために。二流、三流で終わらないために気をつけること。

本日は超一流企業でエンジニアをしていた方からお話を聞く機会があったので、忘れないようにブログに書き留めておきます。

プログラミングを始めて半年の私が実務経験を1週間してみた感想

東京研修もあっと言う間に1ヶ月が過ぎました。研修といっても実際は実務経験=すでにリリースしている自社サービスの機能追加業務に入っています。実際にエンジニアとして働いてみて、イメージ通りだったところと、違ったところをまとめてみたいと思います。

2ヶ月間東京研修で達成したいこと

昨日4月1日から2ヶ月間東京研修です。 始発で盛岡を出発し、大宮から電車に乗り換えたら電車遅延でかなりドタバタのスタートでした。