地方でリモートワーク

プログラミング、先物、fx,仮想通貨なんでもやります

Rubyで初級者から初級中者になるために

スポンサーリンク

f:id:ihatov08:20170312214906p:plain

コードレビューしてもらったメモです。

Rubyは色々な表現ができるので、自分は理解できてもチーム内でわかりづらいコードを書いてしまいがちです。 初級者の自分は、Rubyでワンライナーで書けて「ワンライナーで書けた!」と喜んでしまいがちですが、それが必ずしも良いとは限りません。これで処理の意味がわからなかったら、チーム開発ではあまりよくありません。

処理を1つのメソッドに詰め込まない

Rubyではメソッドは、なるべく分けた方が好ましいようです。 実際、コードレビューを受けてメソッドを分けた方が飛躍的に可読性が上がりました。

説明変数を挟む

もしくは説明変数を挟むと良いようです。

メソッドの実行判定は別ロジックに分ける

「処理を1つのメソッドに詰め込まない」に通じますが、メソッド内に実行のロジックを挟むのではなく、実行判定のロジックは別メソッドに分けましょう。

サンプルコードはないですが、自分用のメモとして記録しておきます。